うまくいかなかった時

受験の結果はいろいろで、どうも芳しくない、という場合もあるかもしれません。

でも、そういう時に親ががっかりしている姿を見ると、子どもはさらに落ち込みます。平然としているように見えて、相当にへこんでいることは間違いない。そういう失敗もあるさ、と言ってもらえたら、まだましなのだが、まるで我が家がお通夜、みたいな雰囲気になると、本人が元気を出すわけにはいかなくなってしまいます。

もっと落ち込まないといけないのかな、と思っているうちに、どんどん落ち込む、ということが起こりうるわけです。

親としては、子どものやることがすべてうまくいくわけはない、という気になっていないといけません。失敗もたくさんしでかすでしょう。でもその中から学んで成長することも多い。失敗を活かすかどうか、ここがある意味大きな分かれ道なのです。

だからここから上手に立ち直るように導いてあげることが必要です。

こういうときに大事なのが子どもの人生を見る長い目。

まだ子どもたちは生まれてから12年しかたっていないのです。これからまだまだいろいろ成長する。

多少の失敗があっても、いつか、やってくれるでしょう。だからそれを信じていればいい。

そのために親がまず切り替えないといけないのです。元気を出して、次のステージに進みましょう。

「ウチの子はいつかやる」んですから。

==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

あと10日
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

おしぼり
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク