下線を引いて安心しない

先日、ある子どもの模擬試験の問題用紙を見ていたら、あちらこちらに下線が引いてありました。

あちらこちら、というよりは、全部かなあ、と思えるぐらい。

きっと塾の先生や、お母さんに

「下線を引いて、読むのよ」

と言われているのだろうと思うのですが。

なぜ下線を引くのか、本当にわかっていないだろうな、と思います。こういう線を引く子は。

下線を引くのは、すぐに見直せるから。

例えば上流のAからBに、という条件は子どもたちが非常に見落とす条件のひとつですが、これに下線を引くことによって、
「上流はAだ」
と後からすぐ確認できる、ために引くのです。

下線を引いたら、それで後は見ない子。

多いですね。

もう下線を引いたら、安心してしまっている。下線を引いたから、大丈夫。

だからミスが減らないのです。

==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

あきらめてはいけない
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

解答用紙
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク