計画を大書する

夏休みは毎日、いろいろな勉強をするので、計画を立ててやったほうが良いわけですが、よくその計画を大きな紙に書き出して、家族がそれを見られるようにしておきましょうというお話をしていました。

計画はまあ、本人が知っていればいい、というものではあるものの、やはりかなりいろいろなことをしなければいけないということを考えると、みんなで応援してあげたほうが良い。

そこで、毎日やることを書き出して、終わったらそれを赤いペンで消す、という作業をしてもらっていたのです。

そうすると、子どももそれを消すのが楽しみになる。

お父さんは家に帰ってきて、赤いバツがたくさんあると、「お、がんばったなあ」と一言かけたくなる。

それが良い循環に回れば、子どもたちもがんばるでしょう・・・。

しかし当然、悪い循環もあり得るわけで。

バツがついていない、お父さんがはっぱをかける、でも子どもはやる気をなくす、みたいなまあ、そういう話です。

この場合はリスケが一番良いでしょう。まあ、もうこれは負けが決まったのだから、それを追いかけてもなかなか気持ちが前向きにならない。線を引いて、ここまで。

で、もう一回計画を立てて、やり直す。

もちろん、一度立てた計画をがんばった方が良いけれど、やらなければいけないことが溜まったらやはり、計画を見直した方が良い結果になるでしょう。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自由研究のキット
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

問題文を慎重に読む
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク