第197回 覚える側から忘れるのが普通

■ そろそろ知識の暗記を始めている子どもたちも少なくないでしょう。しかし、暗記とは「忘れる」こととの戦いでもあります。普通、覚える側から忘れるのが普通。せっかく覚えたと思ったのに、もう出てこない。

■ だから問題は思い出すキーを作っておくことだ、とは良く言われます。しかし、そのキーも忘れてしまうことが多いわけで、なかなか難しい。

■ で、最も大事なことは、とにかく繰り返す、ということに尽きるのです。暗記のテキストを1冊決めたら、もうそれを何回も繰り返す。試験が終わるまで、ずっとです。これでOKということはない。

■ ずっと繰り返していれば、その間に何となくページの姿とか、経験がまたキーになってくる。あのとき、ジュースをこぼした、とか。そのしみが84ページについていて・・・。などなど。

■ 地道に繰り返すことで問題は解決します。だから、「覚えられない」と嘆く前に、もう一度やる、ということが大事です。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

プリントが大変なら
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

過去問を繰り返す理由
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク