第193回 やる気を出すには多少の自信が必要

■ 全く何の自信もないまま、何かに挑戦する、あるいは練習していくということはなかなか難しいものです。多少なりとも自分はできそうだ、やれるかもしれないという気持ちがないとなかなか難しい。

■ それを自分から出せる子はいいのです。問題はそれがなかなか出せない子。こういう子は基本的に慎重なので、なかなか自分でそれをやり出そうとしないものです。

■ だから最初はそれを大人が引き出してあげることが大事。それは基本的にほめることで可能になるのです。だから、なるべくほめる言葉を多くした方が良い。

■ しかし、割と「図に乗るのではないか」と思われる方が多いのです。図に乗ってもらって何か悪いことがあるでしょうか?それで油断して勉強しないとまたできなくなるので、またやらなければいけなくなる。そのとき、「ほら見ろ!」というよりは、「あの頃はできたのだから大丈夫だよ」と言ってあげた方が良いのです。

■ 自分でもちょっとしまったなあ、と思っているところはあるので、なるべく褒めて伸ばしましょう。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

夏合宿をする塾
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

夏休みにクリアしたい課題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


カテゴリー: なおなお母親講座 パーマリンク