復習しきれる模試の量に

Pocket
LINEで送る

これからあちらこちらで模擬試験があります。

午後入試対策で、午前、午後と模試を受けるというのも大事な演習ですが、しかし、これらすべてちゃんと復習しきれないと意味がない。

子どもたちが真剣に解いている問題は、実は力をつける材料の宝庫。

なぜ間違えたのか、どういう過程でミスをしたのか、そういう問題点がたくさんあるわけで、ここを修正する、というのが一番力がつきます。

だから復習しきれる模試の量をスケジューリングしてください。

このころになると、問題を解いているか、復習しているか、覚えているか、というようなことに集約されてくるので、上手な時間の使い方を考えていきましょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
復習の優先順位は正解率20%以上


中学受験 算数オンライン塾
9月26日の問題






【塾でのご利用について】
塾でWEBワークスをご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村





Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク