つい口うるさく言ってしまう親

Pocket
LINEで送る

入試が近づいてくる一方、本人の勉強は今一つ熱心ではなく、そのためというわけでもないが、成績も全然上がらない。

ちょっとノートを見れば相変わらず字は汚いし、式を書いてもいない、とか。

見てしまえば、黙ってられず、つい口うるさく言ってしまい、結局また本人が勉強しない、というようなこともあるかもしれませんね。

ここからは本人がやらないと本当に力はつかない。本人が真剣に考えて勉強しないと、結果は出ないのです。

子どもの受験なので、親はいらいらするのですが、しかし、子どもが頑張るべきものでしかない。

親のイライラを子どもにぶつけても、まったく効果はありません。

もちろんいろいろな話をしてもらって構わないが、しかし、それは本人が「ちゃんと聞いている」ことが大事であって、聞いてないのなら言ってもあまり効果はない。

これから半年、いかに効果を上げるかを考えながら進んでください。

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事
何となく夏休みが終わりそうな子


フリーダムオンライン-学習のヒント-
個々の課題を解決するしくみを作る


慶應進学館から
どこの過去問を優先するか




【(株)邦学館からのお知らせ 】
WEBワークスを塾・個別指導でご利用いただける「フリーダムスポット」のご案内



読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2023年受験に向けて パーマリンク