情報錯綜中?

Pocket
LINEで送る

いろいろな教材に関する情報が、それこそ飛び交っているようです。

今はメルカリとかあるから、過去の模擬試験の問題も買える。昔はそんなことはなかったでしょうが、今は何でもある、という感じ。

でなければ、同じ問題を使った、なんてわかるわけはないわけで。

で、そういう情報が行き交うのに惑わされて、落ち着いて同じことができないのは問題だと思っています。

やることはそりゃあ、いくらだって増やせる。しかし、時間は有限です。

だからこれ、と決めたことをしっかりやり上げる方が良い。組み分け試験の対策で組み分けの過去問を買うのは当たり前、ということなのだそうですが、しかし、そうすると本当にやりきれないだろうなあ、と思うのです。

結局、力がつくというよりも、試験でそこそこ点数が取れれば、という方に目が行っている。

これは良く考えればわかることですが、同じことではないのです。



2020 合格手帳9-11月号を差し上げます。

無料です。
2020 合格手帳9-11月号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳9-11月号申し込み【6年生用】


中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
直前期、感染のリスクをどう抑えるか


6年生の教室から
合格可能性20%未満の表裏


慶應進学館から
作文練習


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク