できないことに目がいきがちだが

Pocket
LINEで送る

夏休みの勉強の様子をみていると、やはりどうしてもできないことに目が行きがちです。

しかし、子どもたちはこれまで結構がんばってきているので、いろいろなことができるようになっている。だから、そこを評価してあげないといけない部分があります。

これまでがんばってきたから、ここまでわかるようになってきた。

自分で考えられるようになったから、問題がわかるようになってきた。

もちろん不足する部分もあるでしょうが、まだ時間はある。これから十分にできるようになるのです。

だから、あまりできないことを取り立てて言わないことが大事。

子どもたちのほとんどが「褒められて伸びるタイプ」なので、認めてあげることを忘れないでください。



中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
断片的な知識をどうつなげるか?


6年生の教室から
正解率にこだわれ


慶應進学館から
慶應湘南学校説明会


4年生の保護者のみなさまへ中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




【塾でのご利用について】
フリーダム進学教室 WEB学習システムOEMのご案内

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2021年受験に向けて パーマリンク