漢字で覚える

最近の社会の問題では漢字指定が当たり前になってきました。

違憲立法審査権とかは当然、漢字で書けないといけない。もちろん、親鸞の「鸞」の字を漢字で書けとは言わないが、小学生が普通書けると思われる字は漢字でなければ×になると思って良いでしょう。

もちろん問題に「漢字で書きなさい」と指示されているわけだから、ひらがなで答えれば×になるわけです。

で、漢字で覚えるということは、実は印象が強くなる。

いいなおすけと覚えるよりは井伊直弼と覚えた方が後々、思い出しやすい。

何がきっかけとなって思い出すか、ということになれば漢字を覚えることでヒントが多くなります。

もちろん漢字で覚えることは大変なわけですが、その分、思い出すときにメリットがある。だから遠回りのようで漢字でなるべく書けるように練習してください。

この時期、暗記テキストを練習するとき、漢字でちゃんと書いて答える。

口で答えて終わり、にしないようにしてください。

試験は口頭試問ではない。字を書いて答えるのだからその通り練習すべきです。

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳9-11月号を差し上げます。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
早く寝られない子


6年生の教室から
同じやり方では勝てない


慶應進学館から
慶應の算数、傾向と対策


4年生の保護者のみなさまへ  中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2020年受験に向けて パーマリンク