できるならば放任型が良い

=============================================================
フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ
=============================================================

学校説明会が始まっています。

最近の私学は校舎も立派になったし、情報機器や実験施設も充実しています。また、芝生のグラウンドという学校も増えてきました。

で、逆に言えばそういう学校ばかりになってみると、いったいどの学校が我が子に合うのだろうか、疑問に思えてくることもあるかもしれません。

私はよくスクールカラーのお話をするのですが、やはり中学生、高校生の間は子どもたちの個性というものが光ってくる時期なのでいろいろなことが挑戦できたり、そういう機会が多い学校が良いと思っています。

どちらかといえば放任型、といわれるような学校ですが、しかし、それだと本当に成績が悪くなるかもしれない、と心配されて「管理型」の学校を選ばれる方も少なくありません。

その不安はその通りだと思うものの、しかし、結局本人がやる気にならないと勉強しないわけで、その動機はやはり「こういう道に進みたい」ということが明確になることだから、私はどちらかといえば放任型が良いと思っています。

実は管理型の学校では、その管理についていけず、やめてしまう子も少なくないのです。せっかく入学したのに途中でやめてしまっては元も子もないところではあるのです。

学校側は成績管理や大学受験の成果について説明をしますが、中1から高3まででどのくらいの生徒が途中で離脱したのかを説明する学校はまったくといっていいほどありません。が、この辺のことは在校生に聞けばすぐわかる。

管理型には、やはりそういう問題点もあるので、良く学校の実情を調べておいた方が良いでしょう。


フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第4回 広尾学園


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
何となくわかっている、はダメ


6年生の教室から
学習習慣をつけるために


慶應進学特別から
湘南台まで1時間がひとつの目安


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク