通塾回数が多い場合

フリーダム進学教室 春期講習のお知らせ

他塾のお母さんから相談がありました。

平日週4日の授業と毎週日曜日のテスト。平日の課題とテスト直しに使えるのは2日しかありません。したがって勉強が終わらない。どうすればいいですか、ということなのですが、これはやはり先生と相談してやる内容を絞るしかありません。

本来塾で完成させる、ということで通塾機会を増やすのであれば、自分の勉強ができる時間が塾にないと困るのです。できないことは個人それぞれで違うし、志望校も本来違うので、やるべき課題はそれぞれ。したがって塾でそれに取り組む時間が必要なのですが、通塾機会が多いだけで、そうなっていない集合塾は多いのです。

結果として、家でやり直さないといけないが日数が足りない。しかし塾の先生に相談すると、「できる範囲でいいです」という話になりがちで、そうなるとできないことが増えていってしまう。

そうなったらやはり流れを止めるしかありません。合わないと思ったら、方法を変えるべきです。その決断は親しかできませんから。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
式を書かない子


6年生の教室から
ベテラン指導のメリット


中学受験 算数オンライン塾
3月5日の問題








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク