集団授業の学校別には限界がある


gakkoubetsu


2学期から、学校別対策の授業が始まった塾が多いと思いますが、東京・神奈川の場合はやはり2月1日校に限定されることが多い。

神奈川だと2月2日の学校を第一志望にする子どもたちも少なくないのですが、しかし、そうたくさん学校別特訓を作ることは難しいから、どうしても2月1日校に限定されるところはあるわけで、したがって思い通りの勉強ができない、という場合が多いでしょう。

本来、子どもたちの受験校は全員違うわけだから、それぞれ作戦を立てないといけないところがあり、だから集団による学校別特訓は難しいのです。

第一志望と学校別特訓が一致するのであれば問題はないが、それでも第二志望以降の対策は別に考えないといけないところがあるわけで、過去問や不得意な分野の克服に向けて、これから11月末まで何を勉強するのか、具体的に決めて実行していくと良いでしょう。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
模擬試験ではやり残しを気にしない


5年生の教室から
習いごとやスポーツと両立させる


今日の慶應義塾進学情報
湘南の5・6番対策





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク