やさしい問題を落とさない

「あ、これは簡単」とか「瞬殺ですよ。」とか言いながら解いている問題を、しっかり間違える子どもは少なくありません。

勘違い、計算間違い、いろいろ原因はあるわけですが、しかし本番で落とすとこれが一番痛い。

つまりみんなができるはずの問題ができていないわけだから差が開く一方になってしまうのです。

今の時期は基本をもう一度やり直す機会も多いかと思いますが、やさしい問題を絶対に落とさないようにしてください。

これが得点力の源になりますから。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
気が乗らない勉強を先にやる


6年生の教室から
なぜこの勉強をするのか?


中学受験 算数オンライン塾
8月9日の問題





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク