仕上げたという感覚を大事に

夏休みが終わるまであと10日ほど。もっと早く終わるところもあるでしょうが、やはりここで「充実感」を味わう必要があると思うのです。

かなりいろいろなことをやったし、ずいぶん勉強したことは間違いないでしょう。それこそ「きっといい成績が出る」であろう8月末の試験を期待する部分もあるでしょうが、なかなかここで成績アップは表れにくい。

これは勉強した分、選択肢が増えたり、迷うことが増えたりしたせいで、かえって混乱している部分があるからです。

しかしそんなに心配しなくとも、ちゃんと力にはなっていく。これから問題演習を続けていけば、確実にこれまでの勉強がプラスになってくるのです。

だから、がんばったのだ、ということを目に見せておく必要がある。

例えば算数のノートを振り返ってみたり、夏期講習のテキストを振り返ってみたりして、「すごい、よくがんばったね」ぐらいは言ってあげてください。

仕上げた、という感覚があるからこそ、次にまたがんばろうと思う気持ちが出てくるので、「何となく終わっちゃった」にならないようにしてください。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

主観と客観
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

歴史好きはわかるが・・・
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク