断定する先生

Pocket
LINEで送る

あるお母さんから、こんな話を聞きました。

通っている塾で志望校を決定する面談があった。で、模擬試験のデータを見ながら話をしている先生に、おそるおそる「第一志望はAにしたいんですが…」といったところが、

「Aですか? 無理です。」

の一言。

その言い方がちょっとひどかった、そうで、まあ、その後、すぐにその塾はやめられてしまったようです。

しかし、この世界、割と断定する先生は少なくありません。

断定した方が何か、良くわかっていると見えると勘違いしているのかもしれませんが。

家庭はいろいろな想いがあり、子どもたちにもいろいろな想いがあって受験する学校は選んでいるわけで、そこを上手に工夫したいと親は思っていいと私は思います。

=============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

長い拘束時間
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

8月29日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村


Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2015年受験に向けて パーマリンク