伝説の子

=============================================================
慶應3校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================

ある少年野球チームには伝説の少年がいたそうです。

6年生の受験直前まで野球をやって、トップ校に合格した子、というのですが、伝説になるほど、例が少ない。つまりそれまでにみんなやめてしまっているからです。

実はみんながそれなりにプレーを続ければもっと、そういう子は増えていくのかもしれませんが、

「もうそろそろ塾の回数を増やさないと間に合いません。」

「そんな余裕がどこにあるんですか」

と先生に言われてしまうから、まあ、やめてしまう子がほとんどなのでしょう。

確かに時間は少なくなるから、クラブと受験勉強を両立させることは大変ですが、しかし、その後も野球を続けたいから私学を狙う、ということだってあるわけで、それは本人と家庭の考え方だろうと思うのです。

スポーツを続けながら、勉強もやることはもちろん大変ですが、逆に好きなことをやっている分、勉強に対する集中力も上がる。時間を無駄には使わなくなるから、案外勉強の効率は良いのです。

ただやめてしまう、というのではなく、何かうまい方法はないかを考えてみても良いのではないでしょうか。


フリーダム進学教室学校別入試対策説明会のお知らせ


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第5回 サレジオ学院


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
夏休みの算数の課題


6年生の教室から
読んで考えて書く


慶應進学特別から
記述の対策を考える


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク