過去問は6年生の1学期から

================================================================
慶應の算数、特別授業のお知らせ
================================================================
先日、検索サイトで「中学受験 過去問いつから」で検索をしてみたところが、いやあ、すごかった。

まあ、本当にたくさんの記事が検索されました。いろいろ考えがあるし、お父さん、お母さんもいつから始めさせるか、悩むからこういう結果になるのだろうと思うのです。

もちろん全部見たわけではないのですが、多かったのは「6年生の秋から」でしょうか。しかし、6年生の夏休みから、というのもあったし、塾としては他にやることがあるから6年生の11月からで十分、というのもありました。

その流れでいえば、私は一番早い方かなと思いますが、すでに過去問は発売されており、かつ受験カリキュラムで習うべきところを一通りやったのであれば、もう始めて良いと思うのです。

過去問は基本的には最低2回、できれば3回やりたいと思っています。

最初の1回目は研究。だから時間は計りません。時間を計ると最後までいかない。どういう問題が出ているのか、レベルはどうなのか、すべてやらないとわからないので、問題集のように1問1問ていねいに解き、わからない問題はじっくり解説を読む。

そして10年分なりの研究が終わったら、次は時間を計って解く。

一度研究したのだから、もう満点がとれる、と思われがちでしょうが、なにそんなことはない。それでも間違える。しかし、間違えるのが当たり前で、そこでわかっていなかったことをしっかり理解する。

3回目は満点を狙います。まあ、そこまでできるようになった、という自信をプラスしてあげたいと思うからですが、少なくとも2回目までは何とか準備したい。

で、その2回目が6年生の秋からスタートできれば良いと思います。それまでにやる1回目は第一志望、第二志望ぐらいにとどめておくと良いでしょう。というのは併願校は、やがて秋の模擬試験の成績で決まってくる。基本的には安全校を決めていくわけですから、そのときの力でも合格点がとれる、ということではあると思いますが、練習はしないといけないから、秋以降一気にやる過去問が増える。

そうすると第一志望、第二志望にじっくり取り組む時間がなくなるので、早めに始めた方が良い、と思うのです。

いろいろなことができないうちからやっても、という意見もありますが、学校別傾向がはっきりしているので、志望校のレベルに特化して、その内容に絞った勉強をまずやることの方が効率を上げる上で必要なことだと思います。

まだ組み分けに追われていると思いますが、もうそろそろそこから視点を変えて、本番の入試に向かって準備を始めていきましょう。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第2回 東京都市大等々力中学


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
できる経験を増やす


6年生の教室から
教科のばらつきをおさえる工夫>


慶應進学特別から
3校出願しないといけないの?


自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2019年受験に向けて パーマリンク