見込み点を確認する

過去問をやって、答え合わせをする。

その後、すぐにやり直しをしてみてください。教えていいのは、正誤の情報だけ。つまり、これは合っていた、間違っていたという情報だけ。

それだけでどのくらい直せるか。直せた点が見込み点です。つまりとれる可能性があった得点。1回目の直しでも解き方がわからない、というのは多分、本当にできなかった問題でしょう。

しかし、1回目の直しで取れる点数は実は取れる可能性があった点数です。最初の点数とこの見込み点の乖離をいかになくすか、これが今の課題です。

できない問題は仕方がないところはあるのだけれど、ミスで失った問題はやはりもったいない。これを得点に変えることができれば、合格可能性はかなり高くなる。

今はその練習に集中してください。だから必ず見込み点を確認する。

特に算数ではこの練習をしっかりやってほしいと思います。


冬期講習のお知らせ
新5年生、冬期講習のお知らせ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
あと何点、積み重ねるか


6年生の教室から
出願準備1


今日の慶應義塾進学情報
女子の1日校





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク