夏休みの後半に向けて

大方、夏期講習の日程が半分を超えたところではなかろうかと思います。

で、今までは基本の復習が中心であったのが、これからは実戦的な演習に入るところが多いでしょう。とはいっても、塾で解く問題はみな同じなのかもしれませんが、そろそろやはり個別の課題をやる方へ力を入れていった方が良いと思うのです。

それぞれ力に違いがあり、目標校も修正する項目も違いがある以上、そこに力をいれていかないといけないところがある。

例えばテキストの問題を見ていて、この子にはこの問題は要らない、と思うことは多々あります。だからそういうのはやらせない。

他にやることがあるから、そちらにする。そうなると、クラスで授業をしていても子どもたちがひとりひとりやっていることがだんだん違ってくる。それが普通だと思うのです。

ただそういう授業でない場合は、当然、家庭でその対策を考えないといけない。間もなくお盆休みに入る塾もあるでしょうが、そこでごっそり過去問の宿題があったりする。

全員に同じカリキュラムを教えるという方式から、それぞれの生徒がやるべきことをやる、というスタイルに変わっていく時期になっているので、具体的にどういう勉強をしていくか、子どもたちといっしょに考えてあげてください。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
書いて覚える


5年生の教室から
野球の練習なので塾休みます!


今日の慶應義塾進学情報
甲子園に行ける?





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク