上手に昼寝をする

6年生ともなると、昼寝の時間なんかない、と思っておられるかもしれません。

しかし、やはり夏は昼寝が結構効果的です。

寝苦しくて寝られない、という場合もあるかもしれませんが、睡眠不足はじわじわと子どもたちの体力を奪います。

子どもは新陳代謝が激しいので、体の休養は不可欠です。ですから、もし30分でも1時間でも昼寝ができるのであれば、してください。

先日、ある中学校でクラス全員が一斉に昼寝をするのをテレビで見ました。全員が自分の机にもたれて寝てしまう。寝る時間は15分ぐらい。

この15分というのが良いのです。実際にちょっと眠気が襲ってきたら15分ぐらい寝てしまう。あまり良い環境で寝てしまうとそのまま、ぐっすりということになるから、うたた寝ができるような環境が良い。

中学生たちも、「午後、すっきり勉強できます。」と言っていました。

実は一度寝てから勉強すると、子どもたちの頭はスッキリして案外能率があがるのです。

中学生でも昼寝をした方がすっきりすることは多いわけで、小学生にとってはなおさらのこと。

上手に寝て、勉強を続けてください。ただし、全体としての睡眠時間はしっかり確保してほしいと思います。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
過去問でテストをしない


5年生の教室から
小数と分数の計算


今日の慶應義塾進学情報
地図を手元に置く





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク