子どもが緊張しているな、と思ったとき

子どもを入試会場に連れて行くとき、「あ、緊張してるな」と思う時があるかもしれません。

で、何か言葉をかけないと、とか「緊張を解かないと」と思われると思うのですが、だからといってそう簡単にとれるものでもない。

逆にお父さん、お母さんが焦っていると思って、さらに緊張してしまったりするものです。

これまで模擬試験もやったし、いろいろ手は尽くしてあるのだから、子どもたちだってその緊張感と十分付き合っていけるのです。

だから、特に何か言葉をかける、などとは考えなくてかまいません。

見届ければいいのです。

しっかり、会場まで連れて行けば親の仕事は終わり。

後は本人に任せましょう。親は試験会場の中まで付き添えるわけではありませんから。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
親はどう動くのか


5年生の教室から
決めたことはやりきる


今日の慶應義塾進学情報
普通部、入試のお弁当





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク