のんびりした学校

場所も結構良いところにあり、施設も充実していて、学費もそんなに高くないが、入るのがそう難しくもない学校、という学校があります。

偏差値的に伸びないねえ、という印象があるのですが、別に学校に工夫がない、というわけでもない。ただ、やはり大学受験の実績がそれほどふるうわけでもないし、割とのんびりしている。

この「のんびりしている」というのはメリットでもあるような気はするのですが、6年間という時間で考えてみると、ずっとそういう雰囲気のまま大学に向かうと「厳しさがわからない」のではないか、と思われてしまっているかもしれない。

そこが大学受験の実績にもつながっているのかもしれないが、しかし、「そのためだけに学校があるわけでは・・・」という感覚が学校にはあるのかもしれません。

まあ、それでつぶれるわけではないし、そこそこ生徒が集まってはいるわけだから、それでもいいじゃないか、という考えもあるが、しかし、理事会なんかは危機感があるから、いろいろ言ってくる。

で、何か手を打つのかと思うと、結局のんびりしているから、それが今ひとつ決まらない。

だから、最終的には「のんびりした学校ですからねえ」という感じになるのでしょうけど・・・。

==============================================================
受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

「ウチだとできるんだけど・・・」
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

なぜ生物の問題を出すのか?
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2017年受験に向けて パーマリンク