特別扱いはしない

受験生はもちろん、いろいろな我慢をしているわけですから、いろいろストレスはかかっているでしょう。しかも、小学校の同級生がみんな中学受験をするわけではない。

みんなが楽しく遊んでいる中、塾に行って勉強したり、遊びを我慢したりするわけですし、かつこの頃からは「落ちたらどうしよう」みたいな不安が出てくるとちょっとイライラしたりするかもしれない。

しかし、中学受験生としてはそれが当たり前なのです。この学年だけではなく、みんながみんな、そういう状況を我慢しながら超えて受験している。

したがって、受験生だからと言って特別扱いをしてはいけません。

弟や妹たちがいろいろ気を使っているかもしれません。でも、弟や妹まで我慢させられるのもやはりおかしい。もちろん協力してくれることはありがたいことですが、しかし、そんなの当たり前だ、と考えてはいけない。

もしお兄ちゃんが受験でなければ、もっと違う生活や体験ができたかもしれないのだから、それはそれなりに考えておかないといけないでしょう。

特別扱いをすると、さらに受験生にプレッシャーがかかる場合もあるのです。だから、そんなの当たり前じゃない、ぐらいの顔をしてこれから入試まで生活してください。

腫れ物にさわるような態度は絶対にNGです。

==============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

漢字の出題範囲
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

忙しい試験に対して
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク