心をよぎる記憶

卒業生がこんな話をしてくれました。

「第一志望に合格できず、結局すべり止めにいくことになって、もう勉強はいいや、という気持ちが強かったので遊びまくってました」

なるほど。

「で、高校2年で部活が終わるまで、大した成績でもなかったんです。」

ふーん、そうか。

「しかし、このままではまた同じ繰り返しだと思って。」

つまり中学受験に失敗した記憶がよぎったということで・・・。

「がんばって現役でW大学に合格しました。」

役に立ったじゃないか、失敗も。

ま、そういうものなのかもしれません。どこかでだから帳尻が合う。合格した後、「何とかなる」「何とかなる」と言い続けて、何とかならなかったケースもたくさんあるわけで、中学入試の結果で一喜一憂してもいけない、と常々思うのです。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

地頭が良い
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

入りたい、入りたくない
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク