自由な学校のねらい

中高一貫校の中には自由な校風を標榜する学校があります。

校則がないか、あるいは非常に少なく、制服もない。〜してはいけない、ということはあまり決まっていない。

で、決まっていないから、何をやってもいいのか、といえば当然そんなことはない。そういう学校でも当然、停学や退学の処分はあるのです。

ただ、何をしてはいけないのか、ということは自分で考えて判断できなければいけない、と考えているから、なるべく自由にする。

その結果として自由と奔放をはき違える子どもはいます。

しかし、自由というのはその分、自分で考え判断する責任を持つものだ、ということに気がつかないといけない。しかし、それすらも自分で発見しろ、というのがこういう学校の考え方なのです。

だから教員は「楽だ」と思われがちですが、実はそうではない。ずっと見ていないといけないから、です。

===========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

通学時間
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

普通部を受験するなら
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク