多少の苦労は、子どもの成長のプラスに

これまでも遊びを我慢したり、やりたいことをやらずに塾に行ってきたわけだから、子どもたちがのんきにやってきたわけではありません。

したがってこの受験準備期間に多少なりとも苦労をしているわけで、それが子どもたちの資質を大きくしているところがあるわけです。

多くはない時間をどう有効に使おうか。

いかに集中して問題を考えるか。

そういうことをやってきて、力が自ずとついているわけだから、それは子どもの成長にプラスになっている。

だから、あまり苦労をとりのぞく、ということは考えない方が良い部分もあります。

うまくいけば、それでいいし、うまくいかなければそれもまた吉にする。

そういう考え方をお父さん、お母さんがしっかり持っていることが大事です。

多少の苦労は、子どもの成長のプラスになるのだと思っていてください。

=============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

最後のツメ
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

コンパス
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ

にほんブログ村


カテゴリー: 2015年受験に向けて パーマリンク