家庭教師や個別指導をつける理由

Pocket
LINEで送る

この時期、家庭教師や個別指導をつける方が増えます。

あと3ヶ月だから、という時期的な理由もあるのでしょうが、しかし、つける以上、その目的ははっきりしていないといけない。

例えば過去問を解いていて、わからない問題がたまってしまって、それを教えてもらいたい。

あるいは理科の計算問題がもうひとつできないから、そこだけやり直したい。

そういう目的が明確になっていないと、ただ時間を使うだけで効果があがりません。

例えば、過去問をやっていないから、といって個別指導をつけるのはあまり意味がない。だって、それは家でもできることだから。

往復の時間をかけて、コストもかかって家で十分できることをする必要はないわけです。むしろその時間が拘束されて自由に勉強を決められなくなってしまいます。

最後だから何とか、という気持ちでつける方が多いのだけれど、何をするかを明確にしないとさらに時間がなくなってしまうから気をつけてください。

=============================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

長い時間よりも集中した時間
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

10月26日の問題
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ

にほんブログ村


Pocket
LINEで送る

カテゴリー: 2015年受験に向けて パーマリンク