危機感

試験が近づいてくると、やはりいろいろな気持ちが子どもたちを襲います。

「落ちたらどうしよう」

というのもそのひとつでしょう。ここ数年間、そのために随分努力をしてきたわけだから、そういう不安や危機感が出てきても不思議ではないわけですが、ただ、それで勉強が手につかない、ということになるとちょっと問題かもしれません。

あと少しだから、できる限りがんばろう、ということで良いのだけれど、自分だけ落ちたら恥ずかしい、みたいな気持ちになってしまうとなかなか集中できない。

で、別に不合格は恥ずかしいことではない、ということはしっかり教えておいた方が良い、と思います。

入試は試合です。試合だから負けることもある。負けることは悔しいことではある。ただ、恥ずかしいことではない。

ここはしっかり理解させておいた方が良いでしょう。どうも最近落ち着きがない、というようだと、妙な危機感にさいなまれている可能性がある。

そういうときはぜひ本人と話をしてほしいと思います。


2018フリーダム進学教室入会案内


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
不安なところは


6年生の教室から
睡眠時間を削っても


慶應進学特別から
鉄道と高速道路に注意




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク