一発で正解を出す

ダメ出しをすること数回、ようやく正解にたどり着く、ということはよくあるわけですが。しかし、入試ではこれは通用しない。

提出した答えは一発で正解になっていないと得点にはなりません。記述式であれば多少なりとも部分点が付くかもしれないが、答えだけを出す場合であれば、とにかく正解でなければ得点にならない。

だからこれから後半に向けて、一発で正解を出す、ということを実践していかなければいけないのです。いろいろ考えて、最終的に出した答えが正解でなければいけない。

提出するまでにいろいろ考えて、修正を加えるのは当然許されるわけですが、いったん出してしまうと最早変更はできないわけですから、すぐに答えを出すのではなく、慎重に考えていってほしいと思います。


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
どこかに書いてある


5年生の教室から
図を写す


今日の慶應義塾進学情報
湘南の帰国枠





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

カテゴリー: 2018年受験に向けて パーマリンク