合格点

学校によって合格点はいろいろです。

5割強とれれば合格する学校もあれば、8割近くとらないと合格しない、という学校もあるでしょう。多くの学校が割と合格点は公表しているところが多いようですが、まったく公表しない学校もありますから、その場合はある程度予想して目標を作らなければなりません。

そういう場合、ちょっと難しそうだな、と思えば6割がひとつの目安になり、まあ、そこそこだな、と思えば7割が目安になると考えればそれほど本番と違いはないでしょう。

例えば算数で大問が4問しかなく、それがすべて記述式である、というような学校の場合は6割。算数の大問が8題くらいあって、答えだけ記入する方式の場合は7割、といった感じ。

まあ、学校によって8割近く欲しい、という場合もあるかもしれませんが、まずは7割とれるところからスタートして、少しずつ目標を上げていけばいいでしょう。

ただ、8割を超えないといけない、と言う学校はそう多くはありません。あまり目標を高く設定しすぎて「まだ足りない」と叱咤激励しすぎないようにしてください。

==========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

夢中になる時間
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

字を書いて覚える
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村




カテゴリー: 2016年受験に向けて パーマリンク