最後まであきらめない

試験途中、自分の失敗に気がつくことがあるかもしれません。

受験番号や氏名はさすがにもう忘れないだろうが、しかし、例えば問題を読み違えたかもしれない、とか、あの答えはエじゃない!、みたいなことに気がついたりすることがあるものです。

そういうことに気がついてしまったとしても、最早答案を出してしまったのだから、何も変えられない。だからそのことを考えても仕方がない。

それにたった数問の正解、不正解がわかったところで、まだ合否が決まったわけではない。

だから子どもたちには「最後の最後まで時間を使って問題を解き上げよう」という話をします。

とにかく試験中はどんなことがあってもあきらめない。

あきらめるのは結果が出てからで十分なので、試験中は今できることに集中しましょう。

===========================================================
中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

筆記用具は多少多めでもいい
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

中等部一次試験の会場
==============================================================

==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


カテゴリー: 2015年受験に向けて パーマリンク